東北地方もとうとう本格的に梅雨入り

…と昨日TVで見ましたが、今日は凄い湿気&暑さでしたね


今日は物件調査ついでに撮影した、本塩釜駅の北側に位置する『千賀の台』団地を挙げてみました

昭和終〜平成初期頃に開発・販売された千賀の台は、『海の見える街』・『ハイタウン等と称し、塩釜市内でも比較的標高が高い団地として誕生塩釜湾辺りの海を総称する『千賀の浦』を望む立地から、この名称が付きました♪『海が見える』という点が、個人的に高ポイントです♪(地形上、全住宅から望めるワケではないですが…)

♪→位置を掴みたい方は、まずコチラから←♪

上から見ると…

千賀の台団地・全景

 

 

 

 

 

 

↑こんな感じです

キレイに区画整理された街並み、専用住宅街、南ひな壇な地形、突っ込み団地等の点から、静かで落ち着いた住環境は、とても住みやすいと思います団地内公園に加えて、団地北側に『伊保石公園』もあり、アクティブな子育てにも適←この公園の広さは並みじゃないっ

開発時は事業中だった団地南側の都市計画道路も、今はすっかり完成今では、すっかりこの地域の交通の要に特に、西側は利府街道に直結する為、利府ジャスコ方面・東部道路ICに出る時には凄く便利ですよ。また、東に行きますと、『石田・青葉ヶ丘』等に出れますが、道は徐々に細くなりますので運転の苦手な方&慣れていない方は、迷子等にも注意 私も過去…3回は迷いました…(私用の時で良かった…) また、東側からも『まっすぐ行って、やがて左側に上り道(アバウト過ぎ)』を行きますと、再度『利府街道』に合流する事もできますので、松島方面に出たい時は、こっちが近道になりますね

外観3

千賀の台・入口部

 

 

 

余談ですが、最近、お客様から『津波が来なくて、地盤が強い所』という要望をお伺いする機会が多く感じるこの頃ですが、この点に絞ると『千賀の台』は実にマッチした立地かももちろん、災害は来ないに越した事はありませんが、仮に、千賀の台を飲み込む程の大津波が発生すれば、その規模は映画:ディープインパクトや、アルマゲドン級っ …かな…また、地盤も原地形が地山ですので、一般的に強固な方と思います(※注意: 同一敷地内でも地盤はポイントポイントによって、強弱が変わる場合がありますので、同一団地だから一概に安心、とは言えません)

駅から上り道続きなので、『駅まで徒歩圏』、『主な移動が徒歩』といった点は絶対に外せないと言った方には、あまり適さないかもしれませんしかし、頑張る我らがミヤコーバスさんは、以前よりバス運行本数を増加してくれましたそして、駅まではバスで約19分と言った所この地域は、『庭付き一戸建』、『主にマイカー』、『比較的築年数が浅めの建物』、『のびのび子育て環境』、と言ったような点を重視したい若いご夫婦様等に近年、引き合いが強いと個人的には感じております

どれを重視するかは、好み次第このブログ記事も、ご検討の参考になれば幸いですね

本日のあまりの暑さに休憩したコンビニから『千賀の台団地 入口』も撮影コンビニのガラスも温度差に曇る程の熱気でした…そう言えば、熱気で思ったのですが、団地入口のクリニックさん万が一を考えた時に、この距離に医療施設があるのはやっぱり安心しますね

千賀の台・入口部

←千賀の台入口